司法書士は、登記・供託手続き、裁判所等に提出する書類の作成、成年後見人等の財産管理業務を行います。それに加えて、認定司法書士は簡裁訴訟代理業務を行う事ができ、140万円までの過払い金返還請求は、認定司法書士が扱う事ができなす。

認定司法書士が請け負えるのは、140万円までの簡易裁判所での訴訟です。140万円以上の場合は地方裁判所での訴訟になり、弁護士でないと扱えません。

140万円以上の過払い金返還請求の場合で専門家に依頼するのであれば、認定司法書士では扱えませんので弁護士に依頼します。

また、140万円を超えない場合でも、被告から控訴・上告をされた場合には、認定司法書士は代理人になることができないので、自分で手続きを行い、裁判所に出廷する事になります。

以上を踏まえ、過払い金利息も含めた返還請求額が140万円までで、簡易な解決が見込まれる場合は認定司法書士への依頼でも良いですが、返還請求金額が140万円以上の場合や、和解までに困難が予想される場合は弁護士へ依頼した方が良いでしょう。