債務整理を行う際の方法の1つに、自己破産があります。この自己破産について、以下に説明します。

まず、破産と聞いた時に自己破産を連想する方が、最近は多いかと思います。しかし、破産と言うものは、元来、債権者の申立てによって債務者を破産させるケースを想定した制度でした。

ところが、この債権者からの破産申立てのケースでは、裁判所へ納める費用などが高く付いてしまいます。また、一般的に、債権者は、債権の価値が著しく低下する恐れのある破産申立てを、高額の費用を掛けてまで行おうとはしません。

すなわち、多くの債権者は、破産申立てを避ける傾向にあります。

具体的に説明すると、債権者は、通常、債務者に対して、取立てや督促などの行為を執拗に行うことで、債権の早期回収を図ります。ところが、こう言った厳しい取立てや督促などから逃れる方法の一つとして、債務者自身による破産申し立て、すなわち自己破産と言う制度が存在しているのです。

言うまでもなく、個人が申立てを行う自己破産では、大抵の場合、その目的は債務整理です。なお、法人が申立てを行う自己破産では、中には、その目的が債務整理以外の場合もあります。

例えば、ある事業が著しい赤字を出したり、株式や不動産投資などの副業で多額の損失を出したりして、法人が破綻するケースです。この様なケースにおいては、例えば、損失を出している事業のみを清算して、利益を出している好調な事業を継続したりするものですが、その際に、自己破産と言う手段を採ることがあるのです。