自己破産とは、借金の返済がままならず行き詰まってしまった人々を救済するための制度です。
自己破産の理由としては、借金の返済のために借金を重ねてしまった場合や、到底返済できないほど莫大な借金を抱えることになってしまった場合など、借金のために社会生活が不可能になってしまったケースなどが考えられます。
行き詰まった人が自己破産によって財産と借金を精算し、新たな一歩を踏み出すためのシステムです。
クレジットカードの普及や、消費者金融の増加、簡単に使えるキャッシングサービスなど、お金を借りる事のできる仕組みはたくさんあります。
その豊富さと気軽さから、最近では借金に対するハードルは非常に低くなっています。

自己破産の利点

自己破産では資産を失う代わりに借金が全て免除されます。
これが自己破産の最大の特徴でありメリットです。
自己破産後に入手した資産については精算の対象外となり、まさにゼロからのスタートを切るための方法であると言えます。
自己破産の手続きを開始したタイミングで、債権者は債務者への取り立てを停止しなければなりません。
多くは司法書士や弁護士などの専門家に依頼した時か、裁判所に申し立てを行った時になります。
返済を即座に停止することができ、返済の義務もなくなるため、生活環境や取り立てが特に逼迫している場合は有効です。

自己破産の欠点

自己破産の欠点は、自己破産者として公的な記録に残ってしまうということです。
官報や信用情報機関のブラックリストに掲載されることで色々な制限を受けることになります。
代表的なものが、数年間の間新たに借金を作れなくなるということです。
車や家のローンを組んだりすることができなくなったり、クレジットカードを作ったりすることができなくなります。
借金の際の保証人にもなることもできません。
いくつかの職業に就くことも制限されます。
例えば、弁護士や司法書士などの法律に関わるものや、税理士や建物の取引業者など財産に関わる職業、警備員などです。
職業についての制限は、免責が受けられればなくなるものもあります。
免責が認められれば、市区町村で管理している名簿からは外れ一部の制限が解除されますし、より周囲に知られにくくなります。
また、自己破産を始めると、自分の意志で自分の財産を移動したり売却したりすることが一切できなくなります。
郵便物も勝手に開けることができなくなるなど、生活にも大きな制限が発生します。

自己破産すべきかどうか

このように、自己破産によって生活やライフプランは大きく影響をうけます。
しかしそのかわり、自己破産で借金が帳消しになることによる恩恵も大きく、自己破産しか有効な選択肢がない場合はメリットの方が当然大きくなります。
自己破産を行うべきなのか、それとも他の選択肢の方が向いているのか、それぞれのケースによって異なります。
情報をよく収集し、専門家と吟味することでよりよい生活再建の道筋を探しましょう。