▼お急ぎの方はまずこちらへ
街角法律相談所(債務整理無料相談)

司法書士と弁護士、一体どちらに債務整理を依頼したらよいのか?

初めての方がよく迷う所なので、今日はそのことについてお話します。

まずは司法書士から。

司法書士はいわゆる登記の専門家で不動産や法人に関する権利証明などの業務を行っている士業です。

そんな司法書士ですが、債務整理を請け負ってくれる事務所がありますよね?
なぜ登記の専門家が借金返済を、してくれるのでしょうか。

実は通常の司法書士は債務整理を行うことができないのです。

「それじゃあ、任せられないじゃないですか?」

いえ任せらるのです。

司法書士の中には弁護士のように代理人を務める事ができる認定司法書士という人達がいます。彼らが居る事務所では債務整理を行うのです。

ちなみに費用の面では弁護士より安くなりますので、できる限り支払う金額を少なくしたい!そんなあなたにオススメします。

ただ認定司法書士は140万円を超える債務整理案件を扱えないので、ご注意くださいね。

事務所選びの最重要ポイント

事務所選びの最重要ポイントとして、交渉力が高いのか?というポイントがあります。

過払い金の返還や債務の減額を渋る悪質な消費者金融業者から、より良い条件を引き出せる最大の武器が交渉力なのです。そして、その武器を支えるのが知識と経験だといえます。

この知識と経験が豊富な司法書士は実は数が少ないというのが現実なのです。なので探すまでに相当な時間を使ってしまうことも。

そこで費用は少し上がりますが、弁護士に債務整理の依頼する事をオススメします。なぜなら、弁護士は交渉力を支える知識と経験が豊富だからです。

司法書士は書類上の仕事が多いのであまり交渉をする場面がありません。

つまり、債務整理の最重要ポイントである交渉力で見ると弁護士に依頼するのがベターだという事になります。140万円を超える債務整理案件も扱うことができますしね。

あなたにとってより良い結果を得るために交渉力が高い事務所を選んで下さいね。

初めて債務整理をする方は、まずはこちらで弁護士事務所を探してみましょう。

街角法律相談所