過払い金返還請求は個人でもできます

過払い金返還請求は、個人で行う事も可能です。過払い金返還請求の大まかな流れは、履歴請求→引き直し計算→貸金業者に返還請求→返還交渉→交渉が決裂した場合は訴訟提起→訴訟→和解成立または判決→返還となります。

過払い金返還請求を受けた貸金業者は、請求金額に対する100%の返還に応じるとは限りません。請求金額の半分にも満たない金額で和解となる場合もあります。和解をしてしまうと、再度の過払い金返還請求はできないのが原則です。不当な請求をしているのではありませんので、納得のいかない和解には応じないよう注意が必要です。

訴訟になった場合は、法律の絡む争点も充分に考えられ、法律の知識を持っていないと不利になってしまう場合があります。また、単純に引き直し計算をした場合の過払い金の金額の他に、過払い金利息を含めての返還請求や、推定計算による引き直し計算の場合、時効が絡む場合なども、知識が無いと不利になってしまうと考えられます。

不慣れな手続きを自分で時間を作って行い、返還金額も少なくなってしまう事を考慮すると、専門家に依頼した方が負担が少ないと言えます。勿論、取引内容や貸金業者によっては、個人での返還請求でも満額の返還となる場合もあります。

専門家に相談する場合はこちら→