▼お急ぎの方はまずこちらへ
街角法律相談所(債務整理無料相談)

任意整理に期間が決められているのをあなたは知っていますか?

それ以外にも任意整理を行う上で対象者・どんな返済返済方法かを知っておく必要があります。

私は対象内?

任意整理の対象者ですが、期間内に無理をせずに支払いきれる人が対象者と定めています。

なので、あまりにも債務額と収入額の差がある人は対象となりませんので、別の債務整理の方法の、

特定調停
個人再生
自己破産

という手段を取ることになります。

任意整理とは?

債務者と債権者が裁判所を通さずに話し合いを行い、和解案を模索するものです。

ただ、弁護士などの専門家の力がなければ自分にとって不利な条件での和解になる事がありますので自分で交渉を行うことはオススメできません。

任意整理の返済期間とは?

先ほどから期間内にと言っていますが、任意整理はどのくらいの返済期間になるのでしょうか?

それは交渉時に債務者と債権者が合意した期間のことをいいます。たいていの場合は3年間となります。

なぜ3年間なのかというと、私たちがいわゆる人並みの生活を送るためには息抜きのために少しの娯楽が必要です。

また、いつ事故にあったり病気になったりと何があるかわからないので貯金するためのお金も必要ですよね。

そのためのお金を早く使えるようにと、無理がなく負担も少ない3年間という返済期間が設定されています。

なお、任意整理は裁判所を通さずに和解の交渉をしますので、返済期間はお互いの同意さえあれば毎月の支払額を減らしたうえで支払期間を約5年に設定することも可能です。

任意整理をする際は法律の専門家の力をかりて行うとスムーズに進みます。

ただ、当たり前ではありますが相手があっての交渉なので、弁護士などに依頼しても希望通りの結果にならない場合もあるという事を覚えておいてください。

覚悟のすすめ

無理がなくと言っても今までの生活習慣を変えずに居れば返済が苦しくなってしまい、元の借金生活に戻ってしまいます。

なので、お金の使い方を根本から見直して必要のない出費を極力減らすことが重要です。

お金を使わない覚悟

が必要となってきます。

任意整理で借金を完済させるには、弁護士の力とあなた自身の努力がカギを握っているという事を忘れないで下さいね。

街角法律相談所