任意整理にかかる費用

費用は債権者1件あたりの金額で計算されます。
初期費用として最低約5万円から、それに債権者1件あたり2万円程度かかります。
減額分の10%、過払い請求が通った場合はその20%が必要になります。

一見大きい金額に見えますが、特に借金が多い場合は債務整理を行うメリットの方が大きくなります。

任意整理で必要となる書類

ケースによって様々ですが、主に以下の書類が必要になります。
・身分証明書
・印鑑
・借金の金額がわかるもの
・借金の契約書
・クレジットカード
・所得が分かるもの
・財産がある場合、その証明書
・その他退職金などの書類
できるだけ判断材料は多いほうが良いのですが、相談時は分かる範囲のものを用意すれば問題ありません。
足りない書類があれば、その都度説明があります。
これらの書類は重要な個人情報でもあります。
持ち出す際は紛失や盗難などにくれぐれも注意しましょう。