任意整理を行うにあたって、専門家に相談する前に予め大まかな段取りを知っておくと安心です。
ここでは、大まかな流れと必要な書類について説明します。

任意整理のフロー

1.現状の把握
まず、専門家のもとで借金の状態を把握することから始まります。
全部で幾ら借り入れているのか、借り入れ先が複数にわたっているかどうか、現在の収支状況や定収入の有無、不動産や車などの財産状況について明らかにします。
その情報を元に、任意整理を行うのがベストであるのか専門家とともに判断します。
相談後、問題がなければ弁護士や司法書士と委任契約を結び、本格的に任意整理がスタートします。

2.取り立ての停止
任意整理を開始後、新たな返済の計画が決まるまでの間は、債権者による取り立ては一時停止となります。
債務者に委任された弁護士・司法書士は、債権者に債務整理の通知を行い、それまでの借入・返済の明細を相手に請求します。
債務整理の通知を受け取った債権者は、取り立てを行うことができません。

3.返済額の算定
弁護士・司法書士が受け取った明細を元に、新たな返済額を計算します。
この計算は、利息制限法に基づいて算出されます。
算出された返済額を元に、代理人である弁護士・司法書士と債権者の間で、今後の返済計画について交渉します。
両者の間で和解が成立すれば、和解契約が結ばれます。

4.返済再開
和解契約内の返済計画に則り、返済を再開します。
契約内容については、弁護士・司法書士から詳しい説明があります。

素人が明細を取り寄せたり、返済額を計算したりするのはなかなか困難です。
相手は金融のプロであり、場合によっては自分に不利な事態になりかねません。
弁護士や司法書士などの専門家が代理人となり、債権者との間に入ったほうが間違いもなく、手続きもスムーズに進みます。