任意整理は、法律事務所で請け負われることが多いです。

任意整理の利点

任意整理最大のメリットは、裁判所への申し立てが不要であるということです。
そのため、書類などの手続きの削減や時間の節約が可能です。
また、官報に名前を掲載されることがないのも、大きな利点であると言えるでしょう。

ただし、任意整理は自己破産のような借金を免除する手続きではありません。
将来発生する利息をカットすることで、借金の減額を行います。返済額は少なくなりますが、計画的に返済を続けていかなくてはなりません。

任意整理の欠点

官報に載ることは避けられますが、残念ながらブラックリストには載ってしまいます。
また、借金がこれ以上増えるのを防ぎ返済額を減らすだけで、返済そのものは必ず行わなくてはなりません。
あくまでも返済の道筋をはっきりさせ、現実的なものとすることが任意整理の目的です。
しかしながら、将来的なメリットを考えれば、自己破産や個人・民事再生とくらべてずっと利点の多い方法であると言えます。

特定調停と任意整理の違い

特定調停も、任意整理と同じく話し合いによって債務整理を行う手段です。
しかし、話し合いが進まなければ手続きも勧めることもできません。
加えて、特定調停によって成立した調書は裁判の判決と同じ効力があるとみなされます。
これによって、支払いの滞りが生じた場合は、直ちに強制執行を行われてしまいます。
過払い請求ができないのも特定調停の大きなデメリットです。
これから借金を返済していくにあたって、より有利な条件を選択することができません。
特定調停と比べ、任意整理の方がより債務者に有利な債務計画をとることができると考えられます。

周囲に知られにくい

前述の通り任意整理は裁判所を通しません。
そのため、やや大ごとになりにくいというメリットがあります。
場合によっては、専門家への相談だけで債務整理ができるケースもあります。
家族や恋人など周囲の人に知られることなく債務整理を行いたい場合にも向いた手段であると言えます。

任意整理をすると、定期的な返済が求められます。
しかし、毎月の固定収入が決まっているのであれば、返済計画も立てやすく、かなり有効な方法になるでしょう。
デメリットも少なく、将来の事も考えた手段でもあります。
計画的な返済を遂行できれば、社会的信用を失う心配も少なくなります。

まずは専門家に相談してみることが重要です。
法律事務所などで行われている無料相談に足を運び、これから何をすべきかを明らかにしましょう。
自分の状況にあった債務整理の方法を知ることで、将来を良くしていくことができます。