▼お急ぎの方はまずこちらへ
街角法律相談所(債務整理無料相談)

任意整理をすることで借金がかなり減額され楽に返済できる様になったという方が多く居ます。

任意整理はそのくらい敷居の低い債務整理法です。

ただ、デメリットに苦しむ方が多いのも事実だったりします。

その中でも最も多いのが、クレジットカードを作れなくなってしまう。

というデメリットです。

なぜ作れなくなるのかと言うと、信用情報いわゆるブラックリストに載ってしまう為なんですね。

信用情報とはお金の貸し借りに関する様々な情報が記されているものです。

債務やクレジットカードの審査はこれをもとに行われているので、信用情報に任意整理の情報があると消費者金融や信販会社はあなたがお金に対して信用のない人と判断して審査を通しません。

「なら、いつまで経ってもカードを作れないの?」

安心してくださいこの情報は、3年~7年で削除されます。

なぜ、こんなに年数に開きがあるのかというと消費者金融などに借り入れしていた金額により変わってくるからです。

なので、早い人は任意整理後3年でクレジットカードを作れた、という事例があります。

なお、任意整理前に作ったクレジットカードは任意整理後にも有効ですのでご安心ください。

とは言っても、有効期限が過ぎて、更新のため再審査になった時には無効になる場合もありますのでご注意ください。

また、どうしてもクレジットカードを今すぐに作りたいという場合は、ネット上にクレジットカードの審査について様々な情報が掲載されていますので審査が甘い信販会社を探すと良いです。

もし、あなたが任意整理をする場合にはやはりプロである弁護士の力は必要です。

もちろん、個人でも交渉は可能ですが、金融の専門業者を相手にするので、生半可な知識ではあなたにとって不利益な条件を飲まされたりします。

ですので、あなた自身が納得いく結果を手にする為には、こちらもプロに依頼するのが最善といえます。

任意整理をするときは、頼れる弁護士に依頼してください。

街角法律相談所