「任意整理」と「債務整理」は一見紛らわしく、よく似ているように見える言葉です。
借金の整理について調べていると、この2つのよく似た言葉が出てきて混乱してしまった方もいるかもしれません。

「債務」とは借金のことです。
つまり「債務整理」=「借金の整理」です。

そして「任意整理」はそのための手段の一つです。

任意整理を行うことは債務整理でもありますが、債務整理がすべて任意整理によって行われるわけではなく、他にもいくつかの種類があります。

「任意」整理とは?

任意整理とは、借金の整理を「任意」で行うことです。
ここでの任意は、裁判所を通さないことを指しています。
裁判所を使わずに、弁護士や司法書士などの専門家がお金を借りている人に代わって、お金を貸している人と交渉して行われるのが任意整理の特徴です。

任意整理においては、借金の利息が法律に違反していないものだったかどうか、専門家の手で計算します。
残念ながら、思っている以上に、法律の限度を超えた利息で貸している業者は多く存在しています。
専門家があらためで見直すことで、今まで法外に払いすぎていた利息が返ってきたり、金額が大幅に減ったりする可能性が出てきます。
これによって、完済にぐっと近づけるでしょう。

しかし、金額がどれだけ減るかどうかはしっかり調査してみなければわかりません。
本当に任意整理を行うべきかどうかは、法律についての正しい知識や、借金の金額や今までの返済状況、相手の貸金業者についてなどを知る必要があります。
それらの情報に基づいて、任意整理を行うべきかを慎重に判断します。
もし、任意整理が適切な手段でない場合は、他の方法を考えることになります。

債務整理の手段

債務整理の方法には、それぞれメリット・デメリットがあります。
借金の状況によっては取ることができない方法もあります。

任意整理の他には、自己破産、個人・民事再生、特定調停などの奉納が挙げられます。

もし借金の貸付について法に触れている部分がない場合は、大きな減額ができず債務整理の恩恵をあまり受けられない可能性があります。
そういった場合は、任意整理よりも個人再生や自己破産の方が有効な手段であると言えます。

しかし、自己破産や個人再生の手続きは複雑で、それを個人で行うのは非常に困難です。
書類の作成から裁判所への申し立て、今後の計画の作成など、素人知識で立ち向かうのはよっぽどのことでもない限りほぼ不可能と言っても良いでしょう。
日常生活や仕事と平行して、自分で債務整理を行うのはかなり大変です。
そのため、これらの手続きを行わざるをえない場合、弁護士などの専門家が関わるのが一般的です。

一般的に債務整理にどういった手段を取るべきかを考える段階から、弁護士や司法書士などの専門家に相談することが多いようです。
債務整理については、それを専門とした弁護士や事務所が多くあるので、そこを訪れるのが安心です。
一口に弁護士と言っても、お金が専門の人もいれば、事件が専門の人など、それぞれ得意とする分野は様々です。
電話で相談内容について確認できる場合も多いので、まずは連絡をとってみましょう。